tsulog

enjoy

02/28/2005

各々の宴後

Filed under: 日常 — tsu @ 23:35

なんか、昨日いぐっちさんの結婚式で会ったばかりのせいか、気分的には火曜日な月曜日の職場の面々。

先輩:「いや、昨日は家帰ったら7頃まで寝ちまったよ」
M村さん:「子供と一緒に7時頃まで寝てしまったよ」
K島君:「家帰ったらガー寝てしまって、気づいたら7時でブルーでしたよ」

平和自摸ドラドラな月曜日の昼下がり

早く春が来ないかなぁ

02/27/2005

いぐっちさん結婚披露宴

Filed under: 日常 — tsu @ 23:14

今日は、同僚のいぐっちさんの結婚披露宴。上の写真は、そんな披露宴の1コマ。新婦の父が新郎に罵詈雑言を…ではなく、シャチョーさんがノリノリで踊りだした図です。

同僚の結婚式というのは長い人生において初めて。普通、久々の学友とかと「お前、太ったなー、アホー」とか再会を楽しみながら「馬鹿野郎、おめでとーん」とやってきたんだが、今回は昼飯の延長みたいなテーブルの面子でなんか可笑しかった。みんな、仕事の話しとかしてるし。

しかし、今回の結婚式は簡素かつ笑いいっぱいで、とてもイイ! 普通、ちょっと肩のこる親戚の挨拶とか、内輪ネタでちんぷんかんぷんな新婦の友達マーチが延々と続いて憂鬱だけど、今日は出席者を楽しませることにのみ注力してるのに頭が下がりました、ハイ。日記職人のサービス精神見えたり。

で、ビデオを担当したのだけど、病み明けで酒が入ったためにダメダメな結果に。一応編集頑張るけど、ここは弟者のしーたけさんに期待。つうか、ソースあげまっせ > しーたけさん。

いや~、こんなに楽しませてもらった披露宴は初めて。心配したシャチョーの祝辞も、大受けで笑えるいい祝辞だったし。

さて、結婚歴7年の先輩として、給料ロンダリングとか、仮払いマジックなどの秘奥儀を伝授せねば。

02/26/2005

風邪の馬鹿野郎

Filed under: 日常 — tsu @ 11:41

しんどかった~!
最初はインフルエンザかと思ったけど、検査の結果「出てないねぇ」と、先生。
先生曰く、「いやね、検出精度6~7割だから、まだインフルエンザの可能性も拭いきれないから、熱が出たら飛んでおいで」とのこと。

いや~、3日間で50時間くらい寝てた。熱は出ないんだけど、強烈な頭痛、悪寒、腰痛、etc…。
まだ本調子じゃないけど、結婚式にはなんとか参加できそう&努力中 m(_ _)m >関係者の皆様

まぁ、とりあえず、動けるようになりました。
心配かけました。

02/23/2005

吉報

Filed under: 日常 — tsu @ 23:55

高校からの悪友markoに子供が生まれた 🙂
メールで吉報をもらい、夜中の2時に電話をした。
この友人、かの旧ユーゴスラビア、現スロヴェニア人だ。親父さんと二人でインドネシアに滞在していて、最初の年はいっつも一緒にいた。markoも暇にしてたし、ワシも家にいるよりか奴の家で自由にしてる方が好きだった。途中、お母さんと兄貴もインドネシアに来てからは、週末に居座るのは遠慮し、お互い遊ぶグループも変わって行った。

その高校も終わる休日に、彼の国が独立した。夜に電話がかかってきて、
「tsu、俺の国が独立したよ、明日パーティーするから来てくれ」
と興奮して話す彼に、「まぁまぁ」と、行く事を約束した。

翌日、花束とケーキを持参してドアをくぐると、全員沈痛な面持ち。
「どうしたんだい?」と聞くと、
「ユーゴスラビアが軍事介入した。戦争だ。兄貴は予備役兵だから駆り出されるかも」
と、がっくり肩を落としていた。

とにかくパーティーどころじゃないので、markoと親父さんのhubertに家まで車で送ってもらう。親父さんはユーゴ政府から派遣されているので、新しい国に帰るにも方法が分からないのだった。もちろん、給料も来月からは支払われないのだろう。

その時、日本では絶対と思っている「国」と言うものが、戦争でこうも簡単に揺らぐものだと体感した。メディア経由で知識としては知っていたけど、目の当たりにしたのは初めてだった。ワシの場合、自分のアイデンティティの最後のよりどころが国だもの、自分のアイデンティティが変わるなんてどれくらいの衝撃なのか想像できない。

ワシは翌週帰国してしまい、奴が無事帰国できたか分からないままだった。連絡先(とは言っても、’92年当時はインターネットなんか身の回りにないので郵便住所)をもらっていたので、手紙を出したが、一度も返事は返ってこなかった。調べるすべもなく、戦争の影響だろうと理解していた。結婚したときも、子供が生まれたときも「届いてくれ」と言う思いで、はがきを出し続けた。

7年の月日が経ち、ひょんなことから同僚のgucciさんから千田 善先生著の「ユーゴ紛争」を借りる。

ユーゴ紛争?多民族・モザイク国家の悲劇
千田 善

講談社 1993-10
売り上げランキング : 53,631

Amazonで詳しく見る by G-Tools

すると、そこにはmarkoの国スロヴェニアは戦いらしい戦闘もなかった事が書いてあった。

速攻、調査にかかる。
当時は、yahooくらいしか検索エンジンがなかったから、yahoo.comでmarkoのフルネームで検索した。スロヴェニアの名前は珍しいので、すぐに絞り込めた。3人いた。

全検索結果がスロヴェニア語なので、全く訳が分からないが、ドメインからどうやら首都リュブリヤナ大学の生徒、後の2人は忘れた。

この生徒にメールを出したところ、翌日にuser unknownで戻って来てしまった…

ひるまず大学のadminにメールをしてみると、このiztokなるadminがとても優しく、
「住所が分かれば、調べてやるよ」とのこと。

わらにもすがる思いで、お願いした。

2日後…
「ほら、これが今の電話番号だから。本人も、君からの連絡が来た事に喜んでたよ」と、メールが来た。
ありえん。
疑心暗鬼で夜中、会社から電話してみると、marko本人だった。
7年ぶりだったが、声は全然変わらない。

人々の優しさと、インターネットと言う技術の集合体によって、3日で7年間の心のしこりが消えた。

後で分かったんだが、markoからもらった住所はあっていたんだけど、すぐに引っ越したそうだ。転送設定はしてたんだけど、後の住人がなぜか受け取って、そのままになってたそうな。それじゃあ、転送じゃないだろうと思ったけど、そういう郵便事情なんだろぅ。

爾来、メール、電話で、インドネシアにいるときのように連絡を取り合ってる。
そんなmarkoに子供が生まれた。涙、涙である。
そして、千田先生、gucci、iztokに、感謝、感謝である。
フランスに行くのでニアミスだが、まだ実際には13年間会ってない。

’99年にインターネットの無限なる可能性を体感し、なんとか人間関係の高次なネットワークとして実現できないか妄想してみている。

まぁ、そんな妄想する前に、markoに会って来よう。

02/22/2005

そら耳アワー

Filed under: 日常 — tsu @ 23:44

そら耳アワーのオープニングのコーラスは、
辛島美登里さんと、
シグマ7在籍のナレーターの武田 広さん。
タモリ倶楽部、アド街などのナレーションしてる方です。

なので、オープニングのクレジットに HIROSHI & MIDORI と出てる訳です。
そして、そらみみ~は、ちゃんと音階が ソ・ラ・ミ・ミ~になってるそうで。

情報源 タモリ倶楽部コミュニティ@mixi

開発欲求不完全燃焼

Filed under: 日常 — tsu @ 23:42

久々にアイデアに火がついて、7年ぶりにオンラインウェアを作ろうとしたけど…

調べたら似たようなのがあったよ。あちらさんはXSLTで実現しててGUIみたいなのはないんだが、やる気出してた脳内小人さんたちが解散してしまった。

気が向いたら、GUIの所だけ作ろうかな。
せっかく帰りの電車の中で、一人で興奮してたのに。

頭来たから、そら耳アワー30連発見てやった
ちぇ

02/21/2005

名曲図鑑

Filed under: 日常 — tsu @ 23:45

まぁ、何も言わずこれを聞きなさい。
もううん十年聞いているのに、曲名どころか歌詞も知らなかった…
ROYAL TEENS “SHORT SHORTS”

Who wears short shorts
We wear short shorts
They’re such short shorts
We like short shorts
Who wears short shorts
We wear short shorts.

なんつぅ歌詞だ…けど、タモリ倶楽部っぽくてイイ!
もう50年前かぁ。著作権も切れているのかな。

次ページへ »

HTML convert time: 0.278 sec.